マックカードはとても便利な商品券

マックカード誰でも一度はマクドナルドで食事を楽しんだことがあるかと思いますが、日本全国にあるマクドナルドの店舗で利用することが出来る商品券をご存じでしょうか。

それはマックカードというもので額面は500円券一種類となりますが、カードのデザインの種類が豊富なので贈り物などにはとても便利なものなんです。

また贈答用以外にも会社のPRグッズとして使ったり、記念品や販売促進用のグッズとしても使う事ができます。

その際には自分の好きなデザインだったり写真を使用することが出来ますので、世界に一つしか無いオリジナルのマックカードを制作することも出来るんです。

製作方法はマックカードのサイトにある問い合わせフォームに必要事項を入力し、希望のデザインや枚数などを書くだけです。
出来上がるまでの日数はだいたい2週間から3週間位かかると思います。

オリジナルカードの制作は最低100枚からとなっていて、それ以降は100枚単位で発注をすることが出来ます。

とても便利なものですから一度使ってみることをオススメします。


マックカードを無料で入手する方法とは

ネット上のポイントサイト、いわゆるお小遣いサイトを利用し、貯めたポイントをマックカードに交換することで入手することができます。ここで、お小遣いサイトは怪しいものではないか?という方もいると思います。

お小遣いサイトは、簡単に言えば、メールやインターネットで企業(広告主)の広告を見ることにより、企業(広告主)からあなたが登録したサイトを通して広告閲覧料があなたに還元される仕組みです。

企業の広告(テレビで言えばCM)を見てあげるだけで、広告閲覧料を手にすることができます。テレビの場合は、企業(広告主)が各放送局に資金を提供しCMをテレビで放映しますが、それと同じことでインターネットの世界では、企業(広告主)がサイトに広告料を支払い、その広告料がサイトを通して還元される仕組みになります。

マックカードに交換できるお小遣いサイトとしては、「げん玉」がオススメです。げん玉は日本最多の会員数を誇るサイトで、完全無料で安心して利用することができます。学生、主婦、会社員の方でも誰でも今日から始められます。登録するのに必要なものはメールアドレスのみです。
→ マックカードに交換できるポイントサイトまとめ

げん玉で貯めたポイントをマックカードに交換する仕方はこちらに掲載してます。
→ げん玉で貯めたポイントをマックカードに交換する方法


無料で一番お得にマックカードを入手する方法

上記に書いた「げん玉」というポイントサイトは、貯めたポイントをマックカードに交換が出来ますが、1枚につき50円の手数料が掛かってしまいます。仮に10枚交換したとすると500円もの手数料が掛かってしまうのは痛いですよね。

一番お得にマックカードを手に入れるには、貯めたポイントを現金に交換をしてマクドナルドの店舗でマックカードを購入することです。

店舗にはマックカード専用の自動販売機が設置してあり、1枚額面500円で購入することができます。自動販売機が設置されてない場合はレジで購入が可能です。この方法なら手数料が0円で済みますのでお得です。

ポイントサイトの「ハピタス」は「げん玉」と同じくらい人気のサイトですが、「げん玉」は現金への交換に82円~206円ほど掛かるのに対して、「ハピタス」はなんと手数料無料で交換ができます。

還元率も高く効率よく貯めることができるので、少しでもお得にマックーカードを手に入れたい方はハピタスを利用して現金に交換し、店舗でマックカードを手に入れましょう。


商品券を贈るならマックカード

全国のマクドナルドで使えるマックカードですが、私はいつも数枚ストックしています。
もちろん自分で使う事もありますが、ちょっとしたプレゼントとして贈る事が多いです。

過去に友人からマックカードを貰った事があり、その時にとても嬉しく「すごく気がきいているなぁ」と思った事がきっかけで、真似させてもらうようになりました。
大人も子供も大好きなマクドナルドの商品券なので、贈った時に大抵は笑顔になってくれます。
お孫さんがいる高齢者の方に贈った時には「孫が喜ぶよ、ありがとう」と言ってもらえて、私もとても嬉しかった事があります。

1枚500円という気軽さが相手の方の負担になりにくいと思いますし、デザインもいくつかの種類から選ぶ事ができるので、選ぶ時も楽しみの一つです。
今はオリジナルのマックカードが作る事もでき、例えば企業の販促品として使ったりすることができると思いますが、もし私が貰う機会があれば、その企業にとても良い印象を受けると思います。

マックカードはみんなを笑顔にしてくれますね。

フクホーの借り入れお申し込み
低金利で借りられるキャッシング会社ならフクホーがお勧めです。

Comments are closed.

TOP
FX業者レバレッジ一覧